WebPosco ::セキュアファイル管理・受け渡し共有システム

セキュアファイル管理・受け渡し共有システム:WebPosco
閉じる
WebPoscoご利用にあたって

WebPoscoは、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(以下「弊社」といいます。)が提供する、弊社が管理するサーバを介して電子ファイルおよび電子メールの送受信を行うサービス(以下「本サービス」といいます。)です。本サービスをご利用いただくにあたり、利用規約(以下「本規約」といいます。)を以下の通り定めます。本規約は、弊社が本サービスを利用することを認めたすべての利用者(以下「利用者」といいます。)に適用されるものとします。

本サービスの責任範囲

1.本サービスは、弊社および利用者間での電子ファイルおよび電子メールの送受信を目的とするものであり、利用者は、弊社が認めた本サービスの利用以外の目的で本サービスを利用することはできません。

2.利用者は、弊社の承諾がある場合を除き、その方法の如何を問わず、他の利用者、ならびに弊社および利用者以外の第三者(弊社および利用者以外の第三者を以下「第三者」といいます。)にWebPoscoを利用させてはならないものとします。

3.弊社は、弊社および利用者間の電子ファイルおよび電子メールの送受信について、本規約に基づく責任を負いますが、弊社の責に帰すべき事由によらず、利用者間、利用者と第三者間、第三者間のいずれかの間で行われた電子ファイルおよび電子メールの送受信については、弊社は責任を負うものではありません。

ID・パスワードの管理

1.弊社は、本サービスの利用者に対し、ユーザーIDおよびパスワードを発行することがあります(弊社がユーザーIDおよびパスワードを発行する利用者を以下「登録利用者」といいます。)。

2.登録利用者は、弊社から発行されたユーザーIDおよびパスワードの使用および管理について責任を負うものとし、弊社から発行されたユーザーIDおよびパスワードを、他の利用者および第三者に開示、貸与または譲渡しないものとします。万一、登録利用者以外の者が登録利用者のユーザーIDおよびパスワードを使用したことが発覚した場合には、弊社は登録利用者への本サービスの提供を中止することができるものとします。なお、弊社の責に帰すべき事由によらず、登録利用者以外の者がユーザーIDおよびパスワードを使用したことにより、利用者または第三者に損害が生じた場合、弊社は一切の責任を負わないものとします。

3.登録利用者は、ユーザーIDおよびパスワードを盗用された場合、直ちに弊社に連絡し、弊社の指示に従うものとします。

本サービスの変更・中断・終了

弊社は、利用者へ事前に通知することなく、本サービスの変更、一時的もしくは長期的な中断、または本サービスの提供の終了を行うことがあります。

禁止行為

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号の内容に該当する行為をしないものとします。

(1)弊社、他の利用者または第三者の著作権等の知的財産権を侵害する行為
(2)他の利用者または第三者のプライバシーを侵害する行為
(3)他の登録利用者のユーザーIDおよびパスワードを不正に入手し本サービスを利用する、またはこれを自己、他の利用者もしくは第三者のために使用する行為
(4)コンピュータウィルス等の有害なプログラムまたは本サービスの提供に支障を与えるおそれのあるプログラムを使用または提供する行為
(6)弊社、他の利用者または第三者に損害を与え、または本サービスの提供に支障を与えるもしくは与えるおそれのある行為
(7)その他、法令もしくは公序良俗に違反し、または弊社、他の利用者もしくは第三者に不利益を与えるもしくはそのおそれのある行為

知的財産権

1.WebPoscoに関する著作権(著作権法第21条から第28条までに定める全ての権利を含みます)等の知的財産権は、利用者との関係において全て弊社に帰属します。

2.利用者は、弊社の承諾がある場合を除き、WebPoscoに関する知的財産を、自己、他の利用者または第三者をして複製、出版または翻訳等をさせることはできません。

個人情報の取扱い

弊社は、本サービスにおいて取り扱う個人情報について、弊社の定める「個人情報保護方針・プライバシーポリシー」に従って取り扱うものとします。
(弊社ホームページ:http://www.recruit-ms.co.jp/information/privacy/

免責

弊社は、下記の損害について一切の責任を負わないものとします。

(1)通信回線工事、または通信回線の不通、不良等に起因して発生した損害
(2)停電(法定点検による停電も含む)に起因して発生した損害
(3)火災、地変、その他不可抗力に起因して発生した損害
(4)利用者の責に帰すべき事由に起因して発生した損害
(5)ハッカー等の介入に起因して発生した損害
(6)上記に準じることに起因して発生した損害

損害賠償

1.利用者は、本サービスの利用にあたり、弊社、他の利用者または第三者に損害を与えた場合は、その直接かつ通常の損害を賠償する義務を負うものとします。

2.弊社は、本サービスの提供にあたり利用者または第三者に損害を与えた場合は、本規約に基づき、その直接かつ通常の損害を賠償する義務を負うものとします。

本規約の変更

弊社は、利用者の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができるものとします。変更後の規約については、弊社のホームページ上で利用者に公開された時点で有効となるものとします。

裁判管轄

本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

準拠法

本利用規約に関する準拠法は日本法とします。

協議

本規約に定めなき事項または解釈に疑義を生じた事項については、弊社および利用者の間で誠意をもって協議の上解決するものとします。



制定:2009年 12月14日